さくら・パーク

 マンハッタンのアッパー・ウェスト・サイド、リバーサイド・ドライブの122丁目にある「さくら・パーク」は、その名から想像されるように、日本と関係の深い場所です。
1909年に「ハドソン・フルトン祭」が行われました。これは「蒸気船の生みの親」ロバート・フルトンがハドソン川での蒸気船のテスト運行に成功してから100年、そしてイギリス人探検家ヘンリー・ハドソンがハドソン川を発見してから300年を記念したお祭りで、ニューヨーク州各地で様々なお祝いの行事が開催されました。
当時のニューヨークの日本人コミュニティCommittee of Japanese Residents of New Yorkも、その祭の一環として、ニューヨーク市に2000本の桜の木を寄贈する計画を立て、当時クレアモント・パークと呼ばれていたこの公園に植樹する予定でした。しかし日本から桜の木を積んだ蒸気船は、途中航路で行方不明となり、1909年には間に合わず、日本から再度輸送されて、1912年、無事桜の木が植えられて「さくらパーク」と名付けられました。
 さくらパークの土地(約2エーカー)は、ニューヨーク市がJ・D・ロックフェラー氏から購入し、同氏の寄付金で整備された後、1934年に正式に市民に公開されました。
 1960年、東京とニューヨークが姉妹都市となったことを記念して、当時の皇太子妃ご夫妻(現在の天皇皇后両陛下)を迎えて、東京都より日本の石で作られた灯籠が贈られ、さくらパークの北東に建立されました。両陛下は1987年の訪米の際にも、同パークを再度訪れています。
 公園は1981年から再び整備され、新たに桜の木も植えられた他、Manhattan School of Musicのための公演のステージも作られました。1986年の記念式典で、野本・在ニューヨーク総領事は、「(日本人と同様に)ニューヨーカーも、この忙しいマンハッタン島の中の落ち着いた島である、さくらパークで再び桜を楽しむことができるでしょう」と述べています。
公園の南東の角には南北戦争の英雄バターフィールド将軍の記念碑が建てられています。また通りを隔てた向かいには、同じく南北戦争で活躍し、1869年から2期にわたって大統領を務めたグラント将軍の廟があります。グラント将軍は、1872年に訪日し、明治天皇に謁見しました。その際、明治天皇に対して、当時のヨーロッパ列強に対する外交政策などについてアドバイスしたことでも知られています。


参考: Sakura Park, Dept. Of Parks and Recreation, City of New York