| English

IC旅券の導入

2006年3月20日から海外の日本大使館・総領事館及び日本国内の各都道府県旅券事務所において新しいタイプのパスポート(旅券)の申請受付を開始しました。新パスポートは、これまで以上に偽造・変造が難しくなるよう様々な工夫が施されていますが、一番の特徴はIC(集積回路)を搭載し、国籍や名前、生年月日などの身分事項のほか、所持人の顔写真を電磁的に記録するIC旅券となることです。 IC旅券はこれまでと同じように冊子型ですが、冊子中央にICチップ及び通信を行うためのアンテナを格納したカードが組み込まれます。 我が国が発行するIC旅券の生体情報としては、 「顔画像」のみを記録することにしています。

留意していただきたいこと

IC旅券に格納されているICチップは電子部品ですので、IC旅券に強い衝撃を加えたり、高温の場所や磁気の強い場所に保管したりすると、ICチップに異常を来す恐れがありますので、取扱いには注意が必要です。

IC旅券が導入されても、現在お持ちのパスポートは有効期間満了まで使用することができますが、非IC旅券から IC旅券への切替を希望される方は、残りの有効期間にかかわらず切替することもできます(通常の旅券発給手数料が必要です)。

米国入国ビザ(査証)との関係

米国がビザ免除継続の要件としてビザ免除対象国(日本を含む 27 か国)に課したIC旅券導入期限は、当初の期限から 1 年間延期され 2006年10月26日になりました。

具体的には以下のとおりです。

2006年10 月25 日までに発行された機械読み取り式パスポートは、ICが搭載されていなくても顔写真がデジタル印刷であればビザが免除されます。我が国の機械読み取り式パスポートの顔写真は全てデジタル印刷となっていますので、2006年10月26 日以降もそのパスポートの有効期間中はビザなしで米国に渡航することができます。なお、非機械読み取り式パスポートの扱いについては、外務省ホームページ「米国へ渡 航(入国及び通過)予定の方へ 」の項を御覧ください。

2006年 10月 26日以降に発行されるパスポートはIC旅券でないとビザが免除されませんが、我が国は 2006年3月20 日以降の申請に対して国内はもとより原則全在外公館でIC旅券を発給しております。

パスポートの有効期間

申請時に満20歳以上の方は、10年間有効のパスポートか5年間有効パスポートのいずれかを選択して申請することができます。 申請時に未成年者(20歳未満)は5年間有効のパスポートに限り申請することができます。

併記制度の廃止

新生児でも単独パスポートを取得する必要があります。

必要書類

新規発給、切替発給(更新)、記載事項の訂正等の該当ページをご覧下さい。

申請書について

2006年3月20 日から一般旅券申請書の様式が改訂されましたので、3月20 日以降は新しい申請書をご利用ください。

一般旅券申請書は10年間有効のパスポート用と5年間有効のパスポート用の2種類あります(申請書の右肩に「10年用」又は「5年用」)と記載されています)。

(1)申請書の請求方法

代理申請する場合等、申請書を事前に入手しておく必要がある場合には、郵便で請求することが可能です。その場合は、切手を貼った返信用封筒(9×12インチサイズ、Large Envelope用 First-class Mail (4 oz) の切手を貼付) 及び申請者氏名、生年月日、電話番号、希望するパスポート有効期限(5年/10年)を記入したメモを同封の上、郵便にて在ニューヨーク総領事館・領事部宛に請求してください。

請求先: 
Consulate General of Japan
Consular Section
299 Park Ave., New York, NY 10171

(2)申請書の記入方法

申請書は、記入例(該当ページからダウンロードできます)を参考にしつつ、必ず黒インクのペンで記入して下さい。また、申請書は機械処理しますので折り曲げないよう十分注意して下さい

(イ)所持人自署欄(申請書表面の署名欄)

所持人自署欄には、必ず、本人がサインして下さい。サインができない乳幼児(おおむね6歳未満)やお体の不自由な方の場合は、法定代理人(親権者)又は配偶者等が代筆して下さい。

代筆の場合の記入例

Hanako Gaimu ← @
------------------------
by S. Gaimu (Father)  ← A

  • @子供等の名前(日本語又は英語)
  • A代筆者の名前に続けて申請者との続き柄を表示(英語又は日本語)

所持人自署欄と写真は、そのままパスポートに転写されますので、濃くはっきりと、署名欄の枠内からはみ出さないようにサインして下さい。サインが薄かったり、枠内からはみ出しているため申請をお受けできない場合もあります。

(ロ) 申請者署名欄及び法定代理人署名欄(申請書裏面)

申請者署名欄は本人がサインして下さい(戸籍に記載の通りの氏名)。署名ができない乳幼児(おおむね6歳未満)やお体の不自由な方の申請の場合は、法定代理人(親権者)、配偶者等が代筆して下さい。

申請者が未成年者(20歳未満)の場合、法定代理人者署名欄に法定代理人(親権者)がサインして下さい。

代理人申請

パスポートの発給申請を代理人に委任することが可能です。代理人に委任する場合は「一般旅券発給申請書」の裏面にある『 親族又は指定した者を通ずる申請書類等提出申出書』欄に必要事項を記入する必要があります。但し、法定代理人(親権者)が未成年の子に代わって申請する場合はこの欄への記載は不要です。
代理人申請の場合、事前に申請書を入手し、申請者本人(新生児の場合法定代理人)に記入・署名していただく必要があります。
申請書の請求方法は上記(1)申請の請求方法をご参照ください。
なお、 代理受領は旅券法上認められていません。たとえ新生児であってもパスポートの名義人ご本人に来館して頂く必要があります。


パスポートの交付

パスポートは、申請してから年末年始を除き原則として約1週後に交付します。必ず、名義人本人が来館してパスポートを受領してください。

申請したパスポートは発行日から6ヶ月以内に受領されないと失効しますのでご注意下さい。旧パスポートは、VOID処理をしてお返ししますが、有効なVISAが旧パスポートにある場合は、そのVISAは有効ですので、新しいパスポートと共に携帯して下さい。

旅券発給手数料(現金でお釣りが生じないようお支払い願います。)

「手数料についてはこちらをクリックしてください」

(c) Consulate-General of Japan in New York
299 Park Avenue 18th Floor, New York, NY 10171
Tel: (212)371-8222
著作権・リンク・免責事項