| English

アメリカで子どもが生まれると、その子どもは自動的に米国籍を取得するため、米国及び日本の重国籍となります。
この場合、生まれた日を含めて3ヶ月以内に日本国籍留保の届(出生届用紙の「その他」欄に署名、押印(拇印)をするもの)を伴う出生届を提出して頂く必要があります。この期間を過ぎると日本国籍が喪失しますので、日本側では出生届は受理できなくなります。くれぐれもご注意ください。

出生届の提出にあたり

出生届は、以下の記載要領を参照頂き、必要書類、記載方法等を確認の上提出してください。

pdf 出生届記載要領(子どもが生まれたら...)

記入例

総領事館に来られる前に、出生届の記入例をチェックしておくと便利です。

出生届の記入例 (父母がともに日本人の場合)
出生届の記入例 (父母のどちらかが外国人の場合)
出生証明書の抄訳文例:
例1: 市発行の出生証明書
例2: 医師発行の出生証明書

届出方法 及び届出用紙の請求

返信用封筒(9X12インチサイズ、Large Envelope用 First-class Mail (4 oz)の切手を貼付)同封の上、当館領事部宛にご請求いただければ、届出用紙と記入例・記載要領を送付いたします。

届出の提出先および届出用紙の請求先:
Consulate General of Japan, Consular Section
299 Park Ave., New York, NY 10171
届出用紙の請求フォーマット

総領事館の窓口に届け出る他、総領事館の領事部宛、または本籍地の市区町村役場に郵送することも可能です。
総領事館に郵送で届け出を提出され記入漏れや記入ミスがあった場合は、訂正印(捺印または拇印)が必要となることがあります。その際は返信用封筒(9×12インチサイズ、Large Envelope用First-class Mail(4oz)の切手を貼付)を送付して頂くか、来館して頂くことになります。
また、郵送で届け出された英文証明書等の原本の返却をご希望の方は返信用封筒を同封の上、原本返却希望なることがわかるようメモも付してください。

 

 

 

 

(c) Consulate-General of Japan in New York
299 Park Avenue 18th Floor, New York, NY 10171
Tel: (212)371-8222
著作権・リンク・免責事項