<< Home  |  English >>

平成26年在外公館長表彰

ニューヨーク州クラークスタウン中央教育学区( Clarkstown Central School District )
サイトリンク: http://www.ccsd.edu/
1.経歴:
1963年  ニューヨーク州初の高校日本語講座を創立
1996年 - 日本語講座再開、中学校で日本語講座開講
(その後徐々にプログラムを拡大)
現在   中学1年生(6年生)から高校最上級の4年生に対し、初級から上級、更に大学レベルまでの日本語講座を一貫して提供
2.功績概要
● クラークスタウン中央教育学区の日本語講座は1963年にニューヨーク州初の高校日本語講座として創設されたプログラムが起源。1996年に再開、その後徐々に発展し、ニューヨーク州における日本語教育の発展と推進に貢献すると共に、米国と我が国の間の相互理解及び友好親善の促進に貢献してきた。

● 1996年に中学校で日本語講座を再開し、その後徐々にプログラムを拡大。現在では中学1年生(6年生)から高校最上級の4年生に対し、初級から上級、更に大学レベルまでの充実した日本語講座を擁立している。また、中学高校における日本語教育のみならず、日本語を学習している高校生達が放課後小学校に出張し、小学生に日本語を指導する試み「Little Tor Japanese Program」と「Woodglen Japanese Program」も行われている。

● また、同教育学区では、日本と関係のある教育機関と積極的に交流を実施してきており、当地グリニッジ日本人学校と高校レベルの交流を10年以上継続している他、昨年には大阪府立夕陽丘高校とのホームステイ交流を通じて姉妹提携を実現する等の実績がある。更に、同教育学区所在の中学校及び高校では学生会「Japan Club」や「太鼓チーム」が設立されており、日本語講座と並んで両国の相互理解と友好親善の促進に貢献している。
ご案内
緊急情報
新着情報一覧
パスポート
在留届
届出と証明
在外選挙
税・年金・保険
教育情報
医療情報
ご意見箱