| English

署名(及び拇印)証明は、日本での印鑑証明に代わるものとして、領事の面前で行われた私文書上の署名及び拇印が申請されたご本人のものであることを証明するものです。日本での遺産分割協議、不動産登記、銀行口座の名義変更、自動車名義変更等の手続に使用されます。

なお,日本国内の不動産登記に要する署名証明については,一定の条件を充たせばアメリカの公証人が作成したものでも認められます。詳しくはこちらをご覧下さい。

対象

日本国籍を持ち、日本国内に住民登録をされていない方
(日本国籍を喪失された方は当館領事部までご相談ください)

必要書類

  • 申請書(当館備え付け)
  • 申請人名義の有効な日本国旅券
  • 当地滞在資格を証明する書類(グリーンカード、VISA等)
  • 署名(及び拇印)するよう日本から送られてきた書類(遺産分割協議書、委任状など。お持ちの方のみ)
    (署名等を行う書類をお持ちでない方には、当館で用意した書式により証明書を作成いたします。)

申請書のダウンロード

 署名証明申請書

 署名証明申請書の記入例

手数料(現金でお釣りが生じないようお支払い願います。)

      「手数料についてはこちらをクリックしてください」

参考事項

  • 申請は、申請人ご本人が直接当館領事窓口にお越しの上、手続を行ってください。
    署名(及び拇印)証明は、日本での印鑑証明に代わるものとして、ご本人の署名及び拇印であることを証明するものです。従って、代理人による申請は一切認められません。
  • 申請書には、使用目的及び証明書の提出先の記入が必要になりますので、必ずご確認ください。
  • 使用目的、内容によっては証明書を発行できない場合がありますので、ご了承願います(予め当館領事部にご照会ください)。
  • 証明書は原則として即日発給しています。
  • 署名及び拇印は、当館担当者の面前で行っていただく必要があります。予め署名されている書類の証明はできません。
  • 発給対象(申請人)は原則として日本国籍を有する方に限ります。外国人の方の署名証明は取り扱っておりません。
    * 日本国籍を喪失された方は当館領事部までご相談ください。
  • 証明書を紛失した場合、悪用される可能性がありますので、取り扱いには十分ご注意ください。

署名証明の形式

形式1:
署名(及び拇印)すべき書類がある場合(日本から送られてきた書類がある場合) 
形式2:
署名(及び拇印)すべき書類がない場合(当館で用意する書式による署名証明を行う場合)
 
(c) Consulate-General of Japan in New York
299 Park Avenue 18th Floor, New York, NY 10171
Tel: (212)371-8222
著作権・リンク・免責事項