| English
ご案内
緊急情報
新着情報一覧
パスポート
在留届
届出と証明
在外選挙
税・年金・保険
教育情報
医療情報
ご意見箱

お知らせ

2006年12月7日

病原性大腸菌O157感染の流行について

 

6日付CNN.comなどに、病原性大腸菌(O157:H7型)感染の流行についての報道がありましたので、概要をお知らせいたします。

  1. Taco Bellレストランは、病原性大腸菌(O157:H7型)感染の原因がgreen onionであるとして、国内の5800店舗からgreen onionを引き上げるように指示した。
  2. Taco Bellによれば、上記結論は最終的なものではないが、保健当局へ報告済みであり、最終結果を待っているところである。保健当局は感染源の特定についてはまだ発表していない。
  3. ニューヨーク州、ニュージャージー州、ペンシルバニア州で36人以上の人(他の報道によれば65人)が感染、内9人は入院中で、11歳の少年1人は腎臓障害で治療中である。
  4. 火曜日(5日)にTaco Bellの代表と政府・州の保険当局者がニュージャージー州バーリントン郡にある食品配送センターを訪問し、原因調査を行っていた。
  5. ニュージャージーの保健当局は、感染報告は11月29日が最後であり、以後の発生はないため危険な状況は過ぎ去った、と述べている。
  6. Taco Bellレストランの一部は同店で飲食した客に感染患者が報告された事により、自主的に営業を停止していた。

病原性大腸菌(O157:H7型)感染について

病原性大腸菌(O157:H7型)とは
大腸菌はたいていの場合病原性の低い細菌ですが、いくつかの種類(O157:H7型等)は下痢などの症状を引き起こす事が知られています。4〜8日の潜伏期の後、腹痛や下痢、さらには出血性の下痢などの症状が発現します。まれに腎障害である溶血性尿毒症候群(HUS)を発症することがあり、死に至ることもあります。成人の場合は感染しても症状が出なかったり、軽い下痢程度で済む場合も多いのですが、乳幼児や小児・お年寄りは重傷になる事があります。 病原性大腸菌により汚染された食品や水を摂取することにより感染しますが、 病原性大腸菌は加熱、消毒によって死滅します。
 
感染を防ぐ方法
感染を防ぐためには、食品に十分火を通す、食品を扱う場合には手や調理器具を流水で十分に洗う等の注意が必要です。
参照:
CDC(Centers for Disease Control and Prevention) サイト:
http://www.cdc.gov/ecoli/

CNNサイト:http://www.cnn.com/

The New York Timesサイト:
Gumshoe Work and Luck Helped in E. Coli Case
Reports of Illness Spread as Searchers Zero In on E. Coli Source
Green Onions Identified as Source of E. Coli Cases
(c) Consulate-General of Japan in New York
299 Park Avenue 18th Floor, New York, NY 10171
Tel: (212)371-8222
著作権・リンク・免責事項