| English
ご案内
緊急情報
新着情報一覧
パスポート
在留届
届出と証明
在外選挙
税・年金・保険
教育情報
医療情報
ご意見箱

スチュー・レオナルドの挽肉リコールについて

2007年9月19日

スチュー・レオナルドはヨンカーズ店(NY州)の挽肉の一部(96% Lean Ground Round Beef)について自主回収を開始した旨発表しました。以下の通り概要お知らせいたします。

  1. 9月12日、スチュー・レオナルド(Stew Leonard's))のヨンカーズ店(Yonkers in NY)は、脂肪の少ない牛挽肉製品(96% Lean Ground Round Beef)が大腸菌O157:H7に汚染されている可能性があるとして、自主回収する事を発表しました。他の店舗についてリコールは無いとの事です。

  2. 2007年7月21日に購入された挽肉のパッケージで発生した問題ですが、最大限に注意を払うため、2007年の6月30日から8月1日の間に販売された全ての96% Lean Ground Roundを自主回収しています。この時期にヨンカーズ店で同製品を購入された方、購入され冷凍保存されている方は、店に返品いただければ料金をお返しします。

  3. この処置は、同製品を調理せずに摂取した家族3人から大腸菌O157:H7型が検出された事によるものです。当店ではこのブランドを2ヶ所の供給所から購入し挽肉にしていますが、いずれもUSDA(米国農務省)の検査を受けています。保健担当者によれば、この大腸菌はスチュー・レオナルドから発生したものではなく、肉製品販売部門の安全性も確かめられています。また、製品が購入されたこの時期の周辺地域他で他に発生した症例の報告はありません。

  4. 大腸菌は人や動物の腸管に生息しています。たいていの種類は無害ですが、一部に下痢を引き起こすトキシンを産生する事が知られています。大腸菌O157:H7型は、激しい腹痛と下痢を引き起こし、まれですが、若年層や高齢者など免疫の低下している人を死に至らしめる事があります。細菌やその毒素を破壊するには、全ての挽肉は内部の温度が華氏160度(摂氏71度)になるまで調理し、残った物は2時間以内に冷凍する処置が必要です。

ご質問のある方は、スチュー・レオナルド、ヨンカーズ店、電話:914-375-4700までご連絡してください。

参考
Stew Leonard'sホームページ
(c) Consulate-General of Japan in New York
299 Park Avenue 18th Floor, New York, NY 10171
Tel: (212)371-8222
著作権・リンク・免責事項