ニューヨーク市における特定の屋内活動に対するワクチン接種証明の義務化について(市長発表)

2021/8/3
ニューヨーク市長は、新型コロナウイルス感染予防のためのワクチン接種を促進するため、特定の屋内活動についてワクチン接種証明を義務化する旨を発表しました。

 3日午前、ニューヨーク市のデ・ブラシオ市長はプレス・ブリーフィングにおいて、新型コロナウイルス感染予防のためのワクチン接種を促進するため、特定の屋内活動について新型コロナウイルスに対するワクチン接種証明を義務化する旨を発表しました。発表によれば「KEY TO NYC PASS」と呼ばれるこの命令は8月16日(月)に施行される予定です。
 現時点で命令の詳細は不明ですが、対象となる屋内活動は以下のとおりで、当該施設の従業員に加えて、施設の利用者(客)についてもワクチン接種証明が必要になるとのことです。(詳細については今後判明次第お知らせします。)
・屋内飲食
・屋内でのフィットネス
・屋内娯楽施設及び興業

ニューヨーク市のHP:
https://www1.nyc.gov/site/doh/covid/covid-19-main.page


 このメールは、在留届にて届けられたメールアドレスまたは「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】
在ニューヨーク日本国総領事館
299 Park Avenue、 18th Floor、 New York、 NY 10171
TEL:(212)-371-8222
HP: http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/html/ 

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きを行ってください。
(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
※「在留届」を提出した方で帰国,他国(州)へ転居された方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出願います。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login