日系企業に対する詐欺と思われる電話についての注意喚起(3月17日)

2022/3/17
日系企業に対する詐欺と思われる電話に関する注意喚起です。

1 今般、当地日系企業に対し、同社(本社)の社長を名乗る人物から財務担当者の名前を尋ねる電話があり、対応した幹部職員が社長の声と違う旨指摘したところ、電話が突然切れたとの情報提供がありました。被害はありませんでしたが、先方は流暢な日本語を話し、電話番号は非通知だったとのことです。

2 過去にも、当地及び欧州所在の日系企業に対する類似の振り込め詐欺が疑われる電話やメールが多数報告されており、組織的な犯行の可能性があります(当地の事案は下記の当館HPで御確認ください)。今後、同様の手口で振り込め詐欺の電話を試みる可能性がありますところ、企業関係者におかれましては、このような不審な電話等に対しては、電話口の相手の指示に従って直ぐに情報を伝えたりすることなく、一旦、電話を切って幹部に報告し指示を仰ぐなど、慎重な対応に徹し、被害に遭わないよう十分御注意ください。

【御参考】(日系企業に対する振り込め詐欺電話についての注意喚起)
https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/oshirase/2019-12-24.html