ニューヨーク市の治安情勢に関する注意喚起(4月28日)

2022/4/28

ニューヨーク市の治安情勢に関する注意喚起です。

1 4月27日夕方、ニューヨーク市マンハッタン区23丁目の5th Aveと6th Aveの間を保護者と一緒に歩行していた在留邦人の子供が、前方から歩いてきたビジネスマン風の男に突然無言で顔を蹴られて転倒して、手を負傷したとの報告がありました。なお、男はそのまま歩いて去ったとのことです。保護者の方は、付近を警察車両で移動中の警察官に事情を説明し、その後、警察署で被害届を提出したとのことです。

2 4月8日付の領事メール(https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/itpr_ja/News_2022-04-08.html )でお伝えしておりますが、ニューヨーク市の犯罪発生件数は引き続き増加傾向にあります。また、当館に寄せられる日本人の被害報告も増えており、特に女性や子供に対し嫌がらせや暴力が向けられるケースが目立っています。

3 今回の事案は、一見普通に見える人物による突然の暴力であり、対策が非常に難しいケースです。在留邦人の皆様におかれましては、常日頃から報道等により最新の犯罪の事例、傾向などの情報入手に努め、外出する際は夜間外出や人通りの少ない道は避ける、不審な人物には近付かない、人通りの多い場所では周囲の動きに注意するなど警戒心をもって行動し、被害に遭わないための安全確保に心がけていただきますようお願いいたします。