ニューヨーク市内の地下鉄における突き落とし事件に関する注意喚起(10月24日)

2022/10/24
ニューヨーク市内の地下鉄における突き落とし事件についての注意喚起です。

1 報道によれば、最近、ニューヨーク市内の地下鉄駅のホームおいて、利用客が線路に突き落とされる事件が立て続けに発生しています。

2 関連事件の概要は以下のとおりです。
・10月15日(土)午前11時50分ころ、East 149th Street and South Boulevard駅(6番線、ブロンクス区)、被害男性(26歳)が男に無差別に線路へ突き落とされ負傷、犯人は逮捕。
・10月17日(月)午後4時45分ころ、Jackson Heights-Roosevelt Avs駅(E/F/M/R線、クイーンズ区)、被害男性(48歳)が男と口論の末、ホームへ入ってきた電車に向かって突き飛ばされ死亡、犯人は逮捕。
・10月21日(金)午後2時40分ころ、Myrtle-Wyckoff Avs駅(L線、ブルックリンとクイーンズ区の区境)、被害男性(32歳)が男に無差別に線路へ突き落とされ負傷、犯人は逃走中。

3 在留邦人の皆様におかれましては、被害を避けるため、以下の点に御留意いただきますようお願いいたします。また、日中の時間帯の犯行が目立ちますので、御家族や身近な方とも共有の上、必要な安全対策を講じるようお願いいたします。
(1)駅のホームでは、イヤホンを外し、携帯電話に集中しない。また、時間つぶしに携帯電話を操作したりしない。必要な連絡をする場合は、常に背後の安全を意識する。
(2)駅職員の有無を確認し、職員の近くで電車を待つ。
(3)利用客の様子など周囲の状況に十分注意を払い、挙動不審な行動をする者がいたら直ぐに場所を移動する。
(4)電車を待つ間、ホームの壁などを背にして立つ。

《御参考》 以下、当館HPの情報を御参考になさってください。
 【当館HP】地下鉄などに関する安全対策
  https://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/j5/050-subway.html